救命救急の看護師求人に強い転職サイトは、どこ?

救命救急の看護師の魅力って、どんなものがあるのか知りたい!

救命救急の看護師の魅力ってどんなものがあるのでしょうか?

救命救急センターで働く看護師は、どんな点に魅力を感じて働いているかを私の経験に基づいて紹介していきますね!

これを読めば、あなたも救命救急センターで働きたくなること間違いなしですよ!

救命救急の看護師の魅力=外科内科問わず深く幅広い知識が身につく

救命救急の看護師の魅力の1つ目は看護師として幅広く、しかも深い知識や技術が身につくことです。

救命救急センターには、外科内科問わず、様々な疾患の患者さんが運ばれてきます。

一応、脳外科や整形外科、循環器内科関連の疾患が多めになりますが、そのほかにも消化器外科や消化器内科、神経内科、形成外科、皮膚科、精神科、腎臓内科、呼吸器内科、小児科などの疾患の患者さんもよく搬送されてきます。

そのため、看護師として様々な疾患の知識や処置等の技術を身につけることができるんです。

しかも、どの患者さんも超重症ですし、複数の診療科に跨っていることも珍しくありませんので、「広く浅く」ではなく「広く深く」の知識や技術を身につけることができます。

そのため、救命救急センターで働き、ある程度経験を積めば、その後はどこの診療科に転職しても、急性期病院以外の療養型病院やクリニック、介護施設などに転職してもスムーズに仕事に慣れることができるのです。

救命救急センターで働けば、看護師として成長することができ、さらに潰しが利くようになることは、救命救急センターで働く大きな魅力の1つですよね!

救命救急の看護師の魅力=残業がない

救命救急の看護師の魅力の2つ目は、残業がないことです。

「え?救命救急センターって、昼も夜も関係なく患者さんが搬送されてくるから、超忙しいんでしょ?残業ばっかりなイメージがあるんだけど。」と思う人もいると思います。

でも、それは誤解なんです!確かに、救命救急センターは昼夜関係なく重症な患者さんが搬送されてきます。

しかも、超重症な患者さんばかり立て続けに搬送されてきて、救命病棟は満床になり、わけがわからないほど忙しくなることもあります。

でも、救命救急センターと一般病棟では大きく違う点があります。

それは、夜勤スタッフの人数です。一般病棟は、夜勤になると看護師の人数が大幅に少なくなりますよね。

そのため、「夜勤さんに申し訳ないから」という理由で、日勤スタッフが夜勤スタッフに仕事をできるだけ残さないように残業することが多いと思います。

でも、救命救急センターは日勤も夜勤も看護師の人数は変わりません。

そのため、たとえ初療が終わっていなくても、処置等が続いていても、勤務交代の時間になれば、そのままスパッと引き継ぐことができるので、救命救急センターは残業がないんです。

もちろん、どうしても忙しくて、看護記録が終わっていないなど、自分でなければできない仕事が残っていたら残業しますが、引き継げばOKという場合は、さくっと引き継いで帰ることができます。

そのため、私が救命救急センターで働いていたときは、月の残業時間は1~2時間程度が普通で、多い月でも5時間いったことはありませんでした。

残業がないと、「あと○時間頑張れば帰れる!」としっかりペース配分しながら働けますし、勤務後の予定も入れやすいので、看護師にとっては救命救急センターで働く魅力の1つになるんです。

救命救急の看護師の魅力=周囲からの評価が高い!

救命救急の看護師の魅力の3つ目は、周囲からの評価が高いことです。「救命救急センターで働いています。」と言うと、周囲から一目置かれるんですよね!

たとえば、看護学生時代の友人と話していても、「救命救急センターで働いている」と言うと、「すごい!」って言ってもらえますし、医療とは全然関係ない友人からも「かっこいい!」と言われます。

まぁ、あまり「かっこいい!」と言われすぎると、若干ウザイと感じるときもありますが、「すごいねぇ!」と言われるのは、ちょっと鼻が高いですし、嬉しいですよね。

そして、私の経験では救命救急センターの経験があると、転職時にも有利に働きます。

「救命救急センターで働いていました」と転職時に言うと、ただそれだけで「お!じゃあ、この看護師さんはちゃんとしている人だ!」、「できる看護師さんだ!」と思ってもらえるので、面接官に好印象を持ってもらえるんです。

最初にお話したように、救命救急センターの看護師は様々な知識と高いスキルを持っていることもありますが、救命救急センターで働いているというだけで高い評価をもらえるので、転職に有利なんです。

救命救急センターで働くと、その後の看護師人生も有利になることも、救命救急センターの魅力の1つと言えるでしょう。

まとめ

救命救急センターで働く魅力を3つご紹介しましたが、いかがでしたか?

看護師として幅広く深い知識や技術を身につけられるだけでなく、残業がないこと、転職に有利に働くことも大きな魅力ですよね。

これらの救命救急センターの魅力に惹かれたら、ぜひあなたも救命救急センターで働いてみましょう!

救命救急センターで働きたいなら、転職サイトを使うと良いですよ!転職サイトなら、救命救急センターの求人を紹介してもらえるんです。

また、救命救急センターの中でも、より重症な患者さんが多く幅広い知識・技術を身につけやすい高度救命救急センターや、周囲からの評価がより高くなるドクターヘリがある救命救急センターなど、更なる魅力を持つ、あなたの希望に合ったところを紹介してもらうこともできますよ!

救命救急の看護師 求人に強い転職サイトは!?

  • 看護roo!

    看護roo!

    救命救急の看護師求人に特に強いのが、ランキング1位の看護roo!です。実績も多く、それぞれの看護師に合った職場への確実な転職を支援する事から評判も高いです。救命救急の求人を探しているのであれば、まずはこちらに登録しましょう。

  • マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    勤務先の待遇面だけでなく、人間関係や上司について、離職率などの特徴を細かく調べてある場合が多く、人気の看護師転職サイトです。併用におすすめですよ!

この記事を書いた人:看護師 ヨシコ

新卒で救命救急センターに配属になり、その後もずっと救命救急一筋で働いてきた7年目の看護師です。

現在も日々勉強をしながら、初療やリーダー業務を行いつつ、スキルアップに励んでいます。

救命救急センターの看護師は忙しいと思われがちですが、実はプライベートと仕事を両立しやすい部署なんです。

私の経験をもとに、救命救急センターの看護師の実態や救命救急で働きたいと思っている看護師さんへのアドバイスのための記事を書いています。

  • 取得資格:看護師、保健師、BLS、ACLS、JPTEC
  • 出身:東京都
  • 年齢:29歳
  • 看護師経験:大学病院の救命救急センター

このページのトップへ