救命救急の看護師求人に強い転職サイトは、どこ?

救命救急の看護師の性格ってどんな性格が向いているの?

救命救急の看護師の性格ってどんな性格が向いているのでしょうか?

救命救急センター向きの性格を知っておけば、自分が救命救急センターに向いているかわかりますし、働く前の心構えも準備できますよね!

救命救急の看護師の性格は、やっぱり体育会系が向いている

救命救急の看護師の性格といって、まず最初に思い浮かぶのはサバサバ&テキパキ系だと思います。そして、そのイメージは間違っていません。

救命救急センターの看護師の性格は、やっぱりサバサバ&テキパキ系、つまり体育会系の性格のほうが向いているんです。

救命救急センターでは命の危機に瀕した患者さんが多く、初療も救命病棟での全身管理もスピードが要求されます。

初療中にドクターから「チェストチューブ持ってきて」と言われて、サッとスピーディーに持ってくることができる人と、「は~い」とマイペースに持ってくる人では、どちらが救命救急センターに向いているかは考えるまでもありませんよね。

また、急変や搬送が重なったとき、誰でもパニックになりますが、「どうしよう、どうしよう」とオドオドしながら迷っている人よりも、「よし!とにかく動こう!」という人のほうが向いています。

実際に、私が働いていた救命救急センターでは、体育会系のテキパキした看護師さんが多かったですね。

救命救急の看護師の性格は、割り切って働けると良い

救命救急の看護師の性格は、仕事は仕事と割り切って働ける人が向いています。救命救急センターで働く上で、この割り切ることができるかどうかは、とても重要なポイントになるんです。

看護の基本は共感ですよね。でも、あまりに患者さんや家族に共感してしまうと、さらにそれを仕事が終わった後まで引きずってしまうと、あなた自身が辛くなってしまうんです。

看護師にとって患者さんの死は辛いものです。救命救急センターでは、心肺停止で運ばれてくる人が多いですし、治療の甲斐なく亡くなる人も多いんです。

しかも、病棟の場合入院して亡くなるという段階を踏みますが、救命救急センターの場合、患者さんの死は家族にとって突然やってくるものですから、その悲しみや取り乱し方は見ているこっちまで辛くなります。

また、見ているだけではなく、そのご家族の精神的なケアも救命救急の看護師の仕事の1つです。精神的なケアをしたことへの思いを引きずると、あなたはリフレッシュできませんよね。

そして、救命救急センターの患者さんは若い年代も多いんです。たとえば、患者さんにはまったく非がないのに、交通事故に巻き込まれて亡くなってしまった人もいます。

片手片足をアンプタしなくてはいけなくなった、頚椎損傷で首から下が動かなくなった人もいます。自分と同年代、もしくは若い年代の患者さんがこのような状態になっているのを見るのは、やはり辛いんですよね。

でも、あまりにその患者さんに共感してしまうと、こちらの精神状態が持ちませんので、「仕事は仕事」と割り切って考えられる性格の人が、救命救急センターの看護師に向いているでしょう。

救命救急の看護師は性格にとらわれすぎないほうが良い

救命救急の看護師の性格は、体育会系で割り切れる性格の人が向いています。かといって、これにとらわれすぎるのは良いことではありません。

「私はおっとり文化系の性格だから、救命救急センターで働くことは無理かな」とあきらめる必要はないんです。

おっとりした性格でも、テキパキと動くべきときにテキパキ動ければ、何の問題もありません。

それに、みんながサバサバ&テキパキとスピーディーに動いている中で、あなたがゆっくり患者さんに話しかければ、患者さんは安心しますよね。

ですから、救命救急センターに向いている性格はありますが、それにとらわれすぎる必要はないんです。

必要なときにテキパキ動く、割り切って考えられるように努力することができれば、どんな性格の人だって、救命救急センターに向いている性格です。

そして、「おっとり」のように一見救命救急センターに向いていないような性格だって、その性格を活かせる場面、長所となる場面は必ずあるはずです。

まとめ

救命救急の看護師の性格は、体育会系で割り切って働ける性格が向いています。かといって、それにとらわれすぎる必要もありません。

「テキパキ動く&割り切る」を心がければ、どんな性格の人だって、救命救急センターで働くことができるんです。

救命救急センターで働きたい人は、転職サイトを使いましょう。転職サイトなら、中途採用で救命救急センターに配属になる求人を紹介してもらえますよ!

救命救急の看護師 求人に強い転職サイトは!?

  • 看護roo!

    看護roo!

    救命救急の看護師求人に特に強いのが、ランキング1位の看護roo!です。実績も多く、それぞれの看護師に合った職場への確実な転職を支援する事から評判も高いです。救命救急の求人を探しているのであれば、まずはこちらに登録しましょう。

  • マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    勤務先の待遇面だけでなく、人間関係や上司について、離職率などの特徴を細かく調べてある場合が多く、人気の看護師転職サイトです。併用におすすめですよ!

この記事を書いた人:看護師 ヨシコ

新卒で救命救急センターに配属になり、その後もずっと救命救急一筋で働いてきた7年目の看護師です。

現在も日々勉強をしながら、初療やリーダー業務を行いつつ、スキルアップに励んでいます。

救命救急センターの看護師は忙しいと思われがちですが、実はプライベートと仕事を両立しやすい部署なんです。

私の経験をもとに、救命救急センターの看護師の実態や救命救急で働きたいと思っている看護師さんへのアドバイスのための記事を書いています。

  • 取得資格:看護師、保健師、BLS、ACLS、JPTEC
  • 出身:東京都
  • 年齢:29歳
  • 看護師経験:大学病院の救命救急センター

このページのトップへ