救命救急の看護師求人に強い転職サイトは、どこ?

救命救急の看護師の仕事内容って?救命救急センターの仕事を教えて!

救命救急の看護師の仕事内容って、どんなものか知っていますか?

救命救急センターの看護師はどんな仕事をしているのか、具体的には良くわからないという人も多いと思います。そんなあなたのために、救命救急センターの看護師の仕事内容を具体的にご紹介します!

救命救急の看護師の仕事内容=初療

救命救急の看護師の仕事内容といえば、初療ですよね。救命救急センターの看護師といえば、この初療を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

救急車で搬送されてきた患者さんがストレッチャーでガラガラと初療室に入り、命の危機を脱するための処置を行うのが初療です。

必要であれば気管挿管をし、心臓マッサージをして、DC(電気的除細動)をかけ、点滴で必要な薬剤を投与や止血等を行います。

これらの処置はスピードが重要になります。少し処置が遅れただけでも、文字通り命取りになることがあるんです。

そのため、救命救急センターの看護師は、初療に入ったら、まずホットラインからの情報で患者さんの状態や受傷状況を把握し、それに応じた物品や薬品の準備をしておきます。

そして、患者さんが搬送されてきたら、ドクターがどんな処置をするのか、どんな物品や器具が必要なのかを予想し、ドクターから指示が出たら、すぐその処置を行えるように、常に先回りして考えながら動く必要があるんです。

救命救急の看護師の仕事内容=救命病棟での全身管理

救命救急の看護師の仕事内容は、初療に入るだけではありません。初療を終えた患者さんは、救命病棟に入室します。

救急外来に搬送された患者さんは、その疾患に応じて各診療科の病棟もしくはICUに入院しますが、救命救急センターは独自の病棟を持っていますので、3次救急で救命救急センターに搬送された患者さんは、救命病棟に入室となるんです。

救命病棟というより、救急ICUと言ったほうがイメージが湧きやすいかもしれませんね。

初療を終えた患者さんは、いくら命の危機を脱したといっても、まだまだ状態は不安定ですし、集中治療が必要な状態です。

そのため、救命病棟で昼夜を問わない24時間体制の治療を行い、全身管理をする必要があるんです。救命病棟での看護師の仕事は、一般的なICUと似たようなものと考えればOKです。

具体的には、モニターでの全身状態の観察や頻回のバイタルサインのチェックや水分出納チェック、薬剤の投与やドクターの処置介助等を行って、患者さんの全身管理、全身状態を安定させることが救命救急の看護師の主な仕事内容です。

また、人工呼吸器を装着している患者さんは多いですし、それ以外にもCHDFやPCPS、IABPなどの医療機器を使うことも多いので、医療機器の管理も救命救急の看護師の仕事内容の1つになります。

救命救急の看護師の仕事内容=意外と日常生活援助も多い

救命救急の看護師の仕事内容は、初療と救命病棟の全身管理が主になりますが、実は日常生活援助も意外と多いんです。

3次救急の救命救急センターで日常生活援助をするって、ちょっと意外だと思いませんか?

でも、私が働いていた救命救急センターでは、どんな重症な患者さんでも毎日清拭と陰部洗浄は欠かしませんでした。もちろん、口腔ケアもです。

それ以外にも、最近は早期離床が推奨されているので、人工呼吸器をつけた意識のない患者さんでも、全身状態が安定していれば、車椅子に全介助で積極的に乗せていました。

そのほか、入浴介助や食事介助もしましたよ。「え?入浴できる患者さんや食事ができる患者さんが、救命救急センターにいるの?一般病棟に行かないの?」と思いますよね。

そのとおりです。実は救命救急センターって、一般病棟でもOKなくらい状態が安定している人も入院していることがあるんです。それはなぜでしょう?

救命救急センターには一般病棟がないからです。普通のICUは状態が安定すれば、一般病棟に移りますよね。

でも、救命救急センターには一般病棟がないので状態が安定しても移ることができないんです。

一般病棟に移るには、救急医学科からほかの診療科へ転科しなくてはいけないのですが、転科することはほとんどないので、状態が安定しても救命病棟に入院しているケースが結構あります。

そういう患者さんの日常生活援助をするのも、救命救急センターの看護師の仕事なんです。

まとめ

救命救急センターの看護師の仕事内容はお分かりいただけたでしょうか?

初療と重症な患者さんの全身管理、回復してきた患者さんの日常生活援助が救命救急センターの看護師の仕事内容になります。

つまり、救命救急センターの看護師の仕事内容は、超重症な患者さん限定の救急外来+ICU+一般病棟の3つを合わせたものと言えるかもしれませんね。

これを読んで、私も救命救急センターで働いてみたい!と思ったあなたは、転職サイトを使ってみましょう。

転職サイトなら、救命救急センターへ優先的に配属してもらえるという約束で、採用試験を受けることができるんです!

救命救急の看護師 求人に強い転職サイトは!?

  • 看護roo!

    看護roo!

    救命救急の看護師求人に特に強いのが、ランキング1位の看護roo!です。実績も多く、それぞれの看護師に合った職場への確実な転職を支援する事から評判も高いです。救命救急の求人を探しているのであれば、まずはこちらに登録しましょう。

  • マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    勤務先の待遇面だけでなく、人間関係や上司について、離職率などの特徴を細かく調べてある場合が多く、人気の看護師転職サイトです。併用におすすめですよ!

この記事を書いた人:看護師 ヨシコ

新卒で救命救急センターに配属になり、その後もずっと救命救急一筋で働いてきた7年目の看護師です。

現在も日々勉強をしながら、初療やリーダー業務を行いつつ、スキルアップに励んでいます。

救命救急センターの看護師は忙しいと思われがちですが、実はプライベートと仕事を両立しやすい部署なんです。

私の経験をもとに、救命救急センターの看護師の実態や救命救急で働きたいと思っている看護師さんへのアドバイスのための記事を書いています。

  • 取得資格:看護師、保健師、BLS、ACLS、JPTEC
  • 出身:東京都
  • 年齢:29歳
  • 看護師経験:大学病院の救命救急センター

このページのトップへ