救命救急の看護師求人に強い転職サイトは、どこ?

救命救急センターの看護師の給料っていくら位なのか知りたい!

救命救急センターの看護師の給料って、どのくらい貰えるのでしょうか?

救命救急センターで働くと、高収入を得られるイメージがありますよね。救命救急センターの看護師は、本当に高いのかどうかを見ていきましょう!

救命救急センターの看護師の給料は一般病棟の看護師とそれほど変わらない

救命救急センターの看護師の給料は、どの位なのでしょう?

救命救急センターは昼夜を問わず、命の危機に瀕している患者さんが搬送されてきて忙しいですし、高度な医療を行っている部署なので、一般病棟で働くよりも高収入を得られるイメージがあると思います。

でも、実際は救命救急センターで働いても、同じ病院の一般病棟の看護師と給料は同じ程度なんです。救命救急センターだから高収入というわけではありません。

救命救急センターで働くと、危険手当や特別手当などがつく場合もありますが、数千円程度です。しかも、どの病院でも必ずその手当がつくとは限りません。

また、救命救急センターで働くと夜勤の回数が多い分、夜勤手当が多くもらえます。でも、残業がほとんどないので、残業手当はごくわずかなんです。

救命救急センターって忙しいのですが、日勤と夜勤では看護師人数が変わらないので、勤務交代時間になれば、そのままバトンタッチできますから、一般病棟よりも残業が少ないんですよ!

救命救急センターは夜勤手当が多く、残業手当が少ない。一般病棟は夜勤手当が少なく、残業手当が多い。

救命救急センターの夜勤手当+残業手当は、一般病棟の夜勤手当+残業手当と同じ程度ですから、救命救急センターで働いても一般病棟とほぼ同じ、危険手当や特別手当の数千円分の違いしかないんです。

実際に、私が働いていた救命救急センターで働いていた時、一般病棟から異動してきた看護師さんがいたんですが、その人は「残業手当が少ないから、前の給料とほぼ同じ。救命救急センターで働けば給料が上がると思っていたのに。」と言っていました。

救命救急センターの看護師の給料は看護師の平均と比べると少しだけ高い

救命救急センターの看護師の給料は、同じ病院なら一般病棟で働く看護師とほとんど変わらないとお話しました。

では、看護師全体の平均と比べるとどうなんでしょうか?

看護師全体の平均と比べると、救命救急センターで働く看護師の給料はやや高めになります。なぜなら、救命救急センターがある病院は大規模病院だからです。

救命救急センターは3次救急を受け入れますから、24時間いつでもあらゆる診療科の手術やありとあらゆる検査ができ、どんな患者さんでも受け入れられる体制を整え、それに対応できる施設がなければいけません。

それができるのは、大学病院や地域の中核病院などの大規模病院だけなんです。

平成26年の厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、看護師の平均年収は473万円ですが、従業員1000人以上の規模の病院は498万円です。ちなみに、従業員10~99人の病院の年収は435万円です。

救命救急センターは大規模病院にしかなく、大規模病院は給料が高いことを考えると、救命救急センターで働けば、看護師の平均よりは給料が多めになると言えるんです。

救命救急センターの看護師の給料を上げるのはどうしたら良いの?

救命救急センターの看護師の給料は、看護師全体の平均で見たらやや高めですが、同じ病院の一般病棟勤務の看護師と同じ程度の給料であることがわかりました。

では、次は救命救急センターではどうやって給料を上げていけば良いのかを考えていきましょう。救命救急センターで給料を上げる方法は2つあります。

夜勤に積極的に入る

救命救急センターは日勤と夜勤の看護師人数が変わりませんので、必然的に夜勤が多くなります。でも、みんながたくさん夜勤に入りたいわけではありませんよね。

夜勤が辛くない人は、師長に夜勤の回数を増やしてもらえるようにアピールしましょう。夜勤回数が増えれば、夜勤手当が増えますので、給料がアップします。

スキルアップに励み昇進を狙う

救命救急センターで働くと、BLSやACLS、JNTEC、DMATなどスキルアップする機会がたくさんあります。これらの研修を受け、資格を取得することが、給料アップへの近道となります。

これらの資格を取得しても、すぐに給料が上がるわけではありません。でも、スキルアップすると、昇進のチャンスが人よりも早く巡ってきますよね。

昇進すれば、役職手当がつくようになりますので、給料がアップするのです。

まとめ

救命救急センターの看護師の給料事情がお分かりいただけたでしょうか?

救命救急センターの給料は、平均よりはやや高めではあるものの、飛びぬけて高いというわけではないんです。

また、給料を上げるためには、夜勤に積極的に入るか、一歩一歩スキルアップして昇進すると良いでしょう。

救命救急センターで働きたい人は、転職サイトを使ってみませんか?

救命救急センターは人気の部署なので、なかなか配属希望が叶いませんよね。転職サイトなら「採用になれば救命救急センターに配属」という約束で採用試験を受けることができるんですよ!

救命救急の看護師 求人に強い転職サイトは!?

  • 看護roo!

    看護roo!

    救命救急の看護師求人に特に強いのが、ランキング1位の看護roo!です。実績も多く、それぞれの看護師に合った職場への確実な転職を支援する事から評判も高いです。救命救急の求人を探しているのであれば、まずはこちらに登録しましょう。

  • マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    勤務先の待遇面だけでなく、人間関係や上司について、離職率などの特徴を細かく調べてある場合が多く、人気の看護師転職サイトです。併用におすすめですよ!

この記事を書いた人:看護師 ヨシコ

新卒で救命救急センターに配属になり、その後もずっと救命救急一筋で働いてきた7年目の看護師です。

現在も日々勉強をしながら、初療やリーダー業務を行いつつ、スキルアップに励んでいます。

救命救急センターの看護師は忙しいと思われがちですが、実はプライベートと仕事を両立しやすい部署なんです。

私の経験をもとに、救命救急センターの看護師の実態や救命救急で働きたいと思っている看護師さんへのアドバイスのための記事を書いています。

  • 取得資格:看護師、保健師、BLS、ACLS、JPTEC
  • 出身:東京都
  • 年齢:29歳
  • 看護師経験:大学病院の救命救急センター

このページのトップへ