救命救急の看護師求人に強い転職サイトは、どこ?

救命救急センターの看護師の給料の実態!救急看護師の年収はいくら?

「救命救急センターの看護師の年収って高いの?具体的にいくら位なんだろう?」

救命救急センターで働きたいと思っている看護師さんは、救命救急の看護師の年収が気になりますよね。

救急看護師になると、年収はいくらになるのかを具体的な例を挙げながら、説明していきます。

これで、あなたは救命救急の看護師の年収の相場や年収を重視する時の救命救急センターの選び方がわかりますよ。

 

 

救命救急センターの看護師の給料はいくらなのか?

救命救急センターの看護師の年収はいくらなのかを具体的な例を挙げながらご紹介します。

今回は、大阪府と愛知県の救命救急センターの看護師の年収を年代別に、そして病院の設置主体別にまとめました。

さらに、高度救命救急センターとドクターヘリ運用の救命救急センターの年収も調査しています。

 

 

大阪府の救命救急センターの看護師の年収

大阪府の救命医救急センターの看護師の年収例は20代前半で350~550万円、20代後半で430~600万円、30代前半で490~650万円です。

公立病院

堺市立総合医療センター

20代前半:データなし
20代後半:430~450万円
30代前半:490万円

公的病院

大阪赤十字病院

20代前半:420~450万円
20代後半:500万円
30代後半:500~600万円

大学病院

大阪市立大学医学部附属病院

20代前半:430~550万円
20代後半:500~580万円
30代前半:500~600万円

民間病院

岸和田徳洲会病院

20代前半:350~450万円
20代後半:450~530万円
30代前半:500~550万円

高度救命救急センター

大阪急性期・総合医療センター

20代前半:380~500万円
20代後半:500~600万円
30代前半:データなし

ドクターヘリ運用病院

大阪大学医学部附属病院

20代前半:400~500万円
20代後半:500~540万円
30代前半:500~650万円

 

 

 

公立病院がやや低めではありますが、それ以外はそこまで大きな差はないことがわかります。

 

 

愛知県の救命救急センターの看護師の年収

愛知県の救命救急センターの看護師の年収例は、20代前半で400~500万円、20代後半で450~600万円、30代前半で500~600万円です。

 

公立病院

名古屋市立東部医療センター

20代前半:420~480万円
20代後半:450~500万円
30代前半:550万円

公的病院

名古屋第一赤十字病院

20代前半:400~480万円
20代後半:450~550万円
30代後半:530万円

大学病院

名古屋市立大学病院

20代前半:400~500万円
20代後半:450~550万円
30代前半:500~550万円

民間病院

トヨタ記念病院

20代前半:450万円
20代後半:500~600万円
30代前半:600万円

高度救命救急センター
ドクターヘリ運用病院

愛知医科大学病院

20代前半:400~500万円
20代後半:450~550万円
30代前半:550~600万円

 

 

愛知県の救命救急センターの看護師の年収は、設置主体による差はほとんどないと言って良いでしょう。

 

 

救命救急の看護師の給料のポイント

救命救急の看護師の年収を設置主体別に見てきました。

救命救急の看護師の年収のポイントは、次の2つです。

 

  • 平均よりはやや高い
  • 同じ病院ならほかの診療科と変わらない

 

この2つのポイントを見ていきます。

 

 

平均よりはやや高い

救命救急センターの看護師の年収例を見て、

「やっぱり救急看護師の年収は高い!」

と思った人も多いと思います。

 

確かに、救命救急センターの看護師の年収は、看護師の平均年収に比べて高いです。

 

厚生労働省の令和元年賃金構造基本統計調査によると、大阪府の看護師の平均年収、愛知県の看護師の平均年収は以下の通りです。

 

  • 大阪府の看護師の平均年収:489万5900円(36.8歳)
  • 愛知県の看護師の平均年収:494万1400円(40.0歳)

 

大阪府も愛知県も、救命救急センターの看護師の年収は30代前半で500万円を超えています。

このことから、救命救急センターの看護師の年収は、看護師の平均年収よりも高いと言えます。

 

救命救急センターの看護師の年収が高いのは、救命救急センターは大病院にしかない

そして、大病院の看護師の年収は高いという理由があるからです。

 

厚生労働省の令和元年賃金構造基本統計調査から、規模別の看護師の平均年収を見てみましょう。

 

  • 従業員1,000人以上:512万3500円
  • 従業員100~999人:468万2200円
  • 従業員10~99人:440万3700円

 

大病院になればなるほど、看護師の平均年収は高くなります。

救命救急センターは24時間365日、いつでも高度な医療を提供する必要があるため、大病院にしかありません。

 

だから、救命救急センターの看護師の年収は看護師の平均年収よりも高いのです。

 

 

同じ病院なら一般病棟の看護師と変わらない

救命救急センターの看護師の年収は、同じ病院であれば、一般病棟の看護師の年収と変わりません。

 

 

救命救急の手当はごくわずか

救命救急センター勤務の場合、危険手当や特別手当がつくことはあります。

でも、わずか数千円です。

危険手当や特別手当が一切つかないこともあります。

 

 

夜勤は多いが残業は少ない

救命救急センターで働くと、夜勤は多くなります。

日勤も夜勤も看護師の人数は同じなので、夜勤の回数が増えるのです。

だから、救命救急センター勤務になると、夜勤手当の額は増えます。

 

しかし、救命救急の看護師は残業はほぼありません。

日勤と夜勤の看護師の人数が変わりませんので、勤務交代時に自分の業務を引き継げば、それで仕事は終わります。

だから、救命救急の看護師の残業手当は少ないんです。

 

救命救急の看護師は、夜勤手当が多く、残業手当は少ない

一般病棟の看護師は、夜勤手当が少なく、残業手当が多い

 

救命救急の看護師の夜勤手当+残業手当≒一般病棟の看護師の夜勤手当+残業手当」となります。

だから、救命救急センターの看護師の年収は、同じ病院なら一般病棟の看護師と変わらないということになります。

 

 

 

救命救急に看護師が給料重視で転職するならどこが良い?

救命救急センターに看護師が給料重視で転職するならどこが良いのでしょうか?

「救命救急センターで働きたい!」

と思っている看護師さんは、別に

「救命救急で働ければ、年収なんて気にしない!ボランティアでも良い!」

とは思っていませんよね。

 

看護師はプロですから、年収を重視するのは当然のことです。

だから、救命救急で働きたい看護師さんは、どんな救命救急に転職すれば、高年収を稼げるか?損をしないか?を知っておくべきなのです。

 

 

給料自体はそこまで大きく変わらない

救命救急センターは、同じ地域であれば、設置主体の違いによる看護師の年収の違いはそれほどありません

高度救命救急センターだから、看護師の給料が高いわけではありません。

ドクターヘリがある救命救急センターも同様です。

 

地域による違いは確かにあります。

大阪府と愛知県なら、愛知県の方が全体的にやや高めの年収になります。

 

でも、同じ地域なら、多少の違いはもちろんありますが、そこまで大きな差はないのです。

 

 

私立大学病院か有名企業立病院がおすすめ

ただ、少しでも高年収を望むのであれば、私立大学病院か企業立病院をおすすめします。

私立大学病院や企業立病院は、看護師の給料が高いです。

 

日本看護協会の2019年病院看護実態調査によると、設置主体別の看護師の平均給料は以下の通りです。

<設置主体別の看護師の給料>

  • 国立:333,408円
  • 公立:338,116円
  • 私立学校法人:356,465円
  • 赤十字:344,663円
  • 済生会:337,829円
  • 会社:347,802円

 

これを見ると、私立学校法人(私立大学病院)と会社(企業立)の給料が高いことがわかります。

しかも、日赤の病院もそこそこ給料は良いですが、私立大学病院と企業立の病院は日赤の病院よりもボーナスが高いんです。

5~6ヶ月分出るところが少なくありません。

 

だから、私立大学病院や有名企業立病院の救命救急センターを選ぶと、年収は一番高くなるでしょう。

 

 

やりがいによる年収満足度にも注目

救命救急で看護師が年収にこだわるなら、私立大学病院か企業立病院がおすすめです。

 

ただ、原則として、救命救急センターの看護師の年収は病院の設置主体によって大きく変わることはありません。

その中でも、あえて探すなら、私立大学病院か企業立病院が良いというだけです。

 

病院によって年収に差がないなら、やりがいに注目しましょう。

同じ年収ならやりがいを感じた方が良いですよね。

 

  • スキルアップしたいなら、教育体制が充実していて、勉強会の頻度が多いところ。
  • 重症症例を看たいなら、高度救命救急センターや熱傷センターがあるところ。
  • フライトナースになりたいなら、ドクターヘリがあるところ。
  • キャリアアップしたいなら、認定看護師になるチャンスがあるところ。

 

このようなポイントに注目して、救命救急センターを選ぶと、同じ年収でも満足度が変わってきます。

 

だから、救命救急では額面の年収だけでなく、やりがいによる年収満足度にも注目すべきなのです。

 

 

救命救急センターの看護師の給料を上げるのはどうしたら良いの?

救命救急センターの看護師の給料は、看護師全体の平均で見たらやや高めですが、同じ病院の一般病棟勤務の看護師と同じ程度の給料であることがわかりました。

 

では、次は救命救急センターではどうやって給料を上げていけば良いのかを考えていきましょう。救命救急センターで給料を上げる方法は2つあります。

 

 

夜勤に積極的に入る

救命救急センターは日勤と夜勤の看護師人数が変わりませんので、必然的に夜勤が多くなります。

でも、みんながたくさん夜勤に入りたいわけではありませんよね。

 

夜勤が辛くない人は、師長に夜勤の回数を増やしてもらえるようにアピールしましょう。

夜勤回数が増えれば、夜勤手当が増えますので、給料がアップします。

 

日本看護協会の2019年病院看護実態調査によると、夜勤手当の平均は、約11,000円です。

夜勤を月2回増やせば、1ヶ月で22,000円の給料アップです。

年収では264,000円のアップになります。

25万円以上アップするのは大きいですよね。

 

 

スキルアップに励み昇進を狙う

救命救急センターで働くと、BLSやACLS、JNTEC、DMATなどスキルアップする機会がたくさんあります。

これらの研修を受け、資格を取得することが、給料アップへの近道となります。

 

これらの資格を取得しても、すぐに給料が上がるわけではありません。

でも、スキルアップすると、昇進のチャンスが人よりも早く巡ってきますよね。

 

また、スキルアップすれば、救急看護(クリティカルケア)認定看護師の資格を取るチャンスを掴むことができます。

認定看護師になれば、認定看護師手当がつきます。

そして、より昇進しやすくなります。

 

昇進すれば、役職手当がつくようになりますので、給料がアップするのです。

 

 

まとめ

救命救急センターの看護師の給料事情がお分かりいただけたでしょうか?

 

救命救急センターの給料は、平均よりはやや高めではあるものの、飛びぬけて高いというわけではないんです。

 

また、給料を上げるためには、夜勤に積極的に入るか、一歩一歩スキルアップして昇進すると良いでしょう。

 

救命救急センターで働きたい人は、転職サイトを使ってみませんか?

 

転職コンサルタントに相談すれば、私立大学病院や企業立病院の救命救急センターの求人を探してくれます。

また、あなたがやりがいを感じて、年収満足度が高くなる救命救急センターも探してくれますよ。

 

救命救急センターは人気の部署なので、なかなか配属希望が叶いませんよね。転職サイトなら「採用になれば救命救急センターに配属」という約束で採用試験を受けることができるんですよ!

 

 

救命救急の看護師 求人に強い転職サイトは!?

  • 看護roo!

    看護roo!

    救命救急の看護師求人に特に強いのが、ランキング1位の看護roo!です。実績も多く、それぞれの看護師に合った職場への確実な転職を支援する事から評判も高いです。救命救急の求人を探しているのであれば、まずはこちらに登録しましょう。

  • マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    勤務先の待遇面だけでなく、人間関係や上司について、離職率などの特徴を細かく調べてある場合が多く、人気の看護師転職サイトです。併用におすすめですよ!

この記事を書いた人:看護師 ヨシコ

新卒で救命救急センターに配属になり、その後もずっと救命救急一筋で働いてきた7年目の看護師です。

現在も日々勉強をしながら、初療やリーダー業務を行いつつ、スキルアップに励んでいます。

救命救急センターの看護師は忙しいと思われがちですが、実はプライベートと仕事を両立しやすい部署なんです。

私の経験をもとに、救命救急センターの看護師の実態や救命救急で働きたいと思っている看護師さんへのアドバイスのための記事を書いています。

  • 取得資格:看護師、保健師、BLS、ACLS、JPTEC
  • 出身:東京都
  • 年齢:29歳
  • 看護師経験:大学病院の救命救急センター

このページのトップへ